Mシュナ 空(S&P)とレオ(白)のどたばた生活

ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
29
 
本日仕事納め。自分よ1年お疲れ!
やはり一杯飲まなくちゃ!って事で一旦家に帰ったのですが、再度港南台駅まで行き
カルディコーヒーファームでワインを買うことに
DSC09194.jpg
最近、甘口のワインはあまり飲めないので辛口をチョイス。安い割には美味しかったよ


スポンサーサイト
 
26
 
2010・12・26:新規書き込み

10年近く使ってきた三菱石油ファンヒーターが以下の症状で強制的に止まってしまう
・1回目の点火時にボッと火が着いてるのにF2エラーとなり、2回目で正常になる
・使ってしばらくすると、F2エラーとなる。
・使ってる最中にF2エラーで止まると、しばらくはF2エラーでコンセントを抜いてもF2エラーとなる。

灯油を入れるところの蓋を見てろ、燃焼フィルターの掃除をして下さいとの事
掃除をしても少し使ってるとF2エラーで止まってしまう。

三菱石油ファンヒーターは三菱がファンヒーターから撤収してしまった為、修理すら出来なさそうです。
たしか木造15畳用の少し大きめのタイプなので買い直すには高いし、どうせほとんど壊れてるんだから分解することにしました。

灯油のタンクを出します。

前面のカバーを外します。
外し方は前面カバーの下両脇にネジがありますので、ネジを取ってから
k121203_20121203-122609-001.jpg

カバーを上に持ち上げると外れます。
k121203_20121203-122610-002.jpg

k121203_20121203-122611-003.jpg


前面のカバーを外すとこんな感じ。
DSCF3152_2.jpg


基盤やら配線などが結構沢山あるのね。
基盤の配線は外さないで何とかならないのかなと、鉄で外れないように曲がってる部分をドライバーでのばし
裏のフィルターを取った後(追記2013/12/25)
後は後ろの下側にネジが三本あったのでそれを外し、配線を固定してる部分のみ外した。
DSCF3159.jpg

すると上の部分だけすっぽりとハズレたo(^o^)o配線は一切抜かずに、こんな感じで前に倒すだけでOKでした。
DSCF3188_20110118.jpg

DSCF3154.jpg
コンロの様な物が出現し棒が二本ある。このうちU時に曲がってるのが「炎検知ロッド」とかでちゃんと火が付いてるかをチェックする棒らしい。コレが汚れてたりすると不完全燃焼とかでF2エラーが出やすくなるみたい。
そこで、ワイヤブラシが無くてヤスリで少し削り、お皿の黒いカーボン汚れ、コンロっぽい上の部分も少しヤスリがけしてみました。
DSCF3156.jpg

他にホコリがたっぷり溜まってたので、掃除機かけてから組み立て
DSCF3161.jpg

簡単な分解修理?でしたがとりあえずF2エラーが出なくはなりましたが、たまに1回目の点火が失敗してしまいます(^_^;;
少し様子を見てまた頻繁に止まるようならば「炎検知ロッド」と「イグナイタ」を外してもっと綺麗に磨いてみようと思います。
私に出来るのはこれくらいまでで、これ以上は火を使う物なのでやはり怖いから出来ません。

追記
少し使ってみてやはりF2エラーがまた多発するようになってしまい、再度分解して今度はワイヤーブラシを購入して磨くことに

DSCF3183_20110118.jpg

磨くにははやり外した方がやりやすいかと「炎検知ロッド」を外す
DSCF3186_20110118.jpg
ネジを一本外すとこんな感じに引き出せます
DSCF3187_20110118.jpg
両方いっぺんに抜いてしまうとケーブルが分からなくなってしまいそうなので、「炎検知ロッド」のみとりあえず外す。

ワイヤブラシでごしごしするもなかなか綺麗にならないので、鉄ヤスリでごしごし(^o^
本当に表面が綺麗になる程度に磨きました。
DSCF3190_20110118.jpg

「イグナイタ」も同様に磨く
DSCF3191_20110118.jpg

これで完全に一発点火するようになりました。でもたまに換気で止まってしまう事はありますが、格段に調子が良いです。


追記 2012/12/03
給油ポンプのメンテナンスを行いました
k121203_20121203-122612-004.jpg

k121203_20121203-122616-010.jpg
写真にあるネジをゆるめて、配線を抜いて(ラジオペンチで引っぱりました)燃料ポンプを回すと外す事が出来ます。
方向は写真の様に書いてあるので、チェックして下さい。
また、引き抜くときは位置を合わせて抜かないと、ぶつかって外れないので、無理に抜かずにかるく抜ける位置をゆっくり回しながら探して下さい。
k121203_20121203-122614-007.jpg
引っこ抜くと↑こんな感じで無理にこれ以上動かさない様にして、フィルター部分を外します

k121203_20121203-122613-006.jpg
フィルターは下に引っぱると簡単に抜けますよ

いや~写真がピンぼけですいません(>o<
この外したカバーがフィルターになっているみたいなので、布で拭いてみました。

エアーで空気を入れられればいいですが、工具もないのでキッチンペーパーでよく拭いた後
口を付けて、フーと強く拭いて見ました。灯油が少し噴き出しますので目をつぶって(^^; (2013/12/25追記)

カバーをはずした中にも鉄のメッシュがあるので、それも布で簡単に拭いて終わり
k121203_20121203-122612-005.jpg
きっと、石油等でしっかり拭き取るのがよさそうです。

他にもガスコンロの様な部分も磨いてみました
k121203_20121203-122616-008.jpg

ネジ3本で順番に外れます
k121203_20121203-124118-001.jpg

k121203_20121203-124125-002.jpg

k121203_20121203-124125-003.jpg
このお皿は上手く垂直に外れる場所を探しながら回してみるとスポッと外れます。今度付けるときも簡単に入る場所を探しながら回しますが、結構難しいです。じっくりと作業してくださいね(^w^
k121203_20121203-122616-011.jpg
今回はこの燃焼部品周りをしっかりとワイヤブラシなどで磨き綺麗になったでしょ

現在バッチリ調子が良いです(^o^

もし分解する場合は自己責任でお願いしますネ。


最近の記事+コメント

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。