Mシュナ 空(S&P)とレオ(白)のどたばた生活

ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05
 
今週はグッタリしてしまい、昼間二日間点滴をしてかなり元気になってきました。
原因はまた、血中のアンモニア濃度が上がってしまい「肝性脳症」です。エコーをしてみると、胆のうが綺麗になっていたのが、また少しドロドロになってきたようです(ToT
ソラの場合、薬が多いと逆に元気が無いような感じなので薬を減らす方向になりました。その結果「プロヘパゾン100」、「タウリン 1000」が無くなり変わりに「スパカール」に戻りました。
「モニラック シロップ 」は3ccから5ccに増やして、アンモニアが上がらないようにします。
「プロヘパゾン100」が無くなっただけでもかなり楽で、食前、食後数時間あけて薬を上げるのは大変でした。

とにかく、肝臓、胆のうが良くならない限りは、血中のアンモニア濃度を常に心配し続けなくてはいけない様です。

【ゴクミシン】:胆汁を出やすくして、肝臓の働きや消化不良を改善、胆石を溶解します。
【スパカール】:胆汁、膵液の流れを良くして、おなかの痛みをしずめる。
【グルタチオン】:有害物質を解毒し、肝臓の機能を強化する
【モニラック シロップ 5cc】: 血中アンモニアの発生を抑える
【カタリンK点眼用0.005%】:白内障の進行を遅らせる目薬

肝臓、胆のうと白内障はなにやら関係がありそう。こんなBlogの書き込みを見つけました。肝臓、胆のうから白内障が発生したならば、かなり説明がつきます。
白内障を悪化させない為にも肝臓、胆のうを早く良くしなくてはならない事を実感。



スポンサーサイト

最近の記事+コメント

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。