Mシュナ 空(S&P)とレオ(白)のどたばた生活

ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
24
 
2005_11280012.jpg

このHANJIN船どれ位の長さなんでしょう?
コンテナが40フィート コンテナと考えると200mはありそう
近くで見てみたい船です。

2006_07080188.jpg

ディズニーシーの船、ライトアップされてきれい
船の中には高級?レストランがあります。
スポンサーサイト
 
24
 
CA250036.jpg

千葉ニュータウンでたまたま見かけた はめはめは~の後(笑)
 
11
 
写真を撮る時に、ちょっとアングルを変えるだけで雰囲気が違ったり
インパクトのある写真になりますが、そんなアングルを意識した
写真をUPしみてます。

2005_11280049_filtered.jpg

↑手すりの上にカメラを乗せて撮影したもので、5Cmほどの手すりが
まったくイメージの違う写真となりました。

2005_12030004_filtered.jpg

2006_01220050_filtered.jpg

2006_02040131_filtered.jpg

2006_04090073_filtered.jpg

CA250203_filtered.jpg

CA250279_filtered.jpg

IMG_1656_filtered.jpg

 
08
 
イカバーガー」を作る前に「チリメンキャベツのベーコン煮込み」を
作ってみました。
具を切ってストウブ(staub)に入れて煮込むだけなので
イカバーガーを作っているうちに完成しちゃいます。
このstaubは横から見ると蓋とのすき間から蒸気が
逃げそうに見えますが、ウォーターシールがしっかりできて
蒸気が逃げないのには感動しました。

[材料]4~6人分
チリメンキャベツまたは普通のキャベツ 1/2個
ベーコンブロック(ウインナーでも可) 500g
小玉ねぎ(普通の玉ねぎでも可) 7個
小ジャガイモ(普通のジャガイモでも可) 6個
人参 1本
塩 少々
こしょう 少々
ローリエの葉 1枚
フォンドボー 3カップ
ブイヨン 2カップ

作り方
①キャベツを半分に切る、ベーコンを10Cm×5Cmに切る。今回は
小さいベーコンを使用しましたが、きっと大きいのが
もっと美味しくなるのでしょう。
②小玉ねぎの皮をむく
③ 小ジャガイモは皮をむかずによく洗う
④ 人参を輪切りにしておく
⑤ ①②④の材料をstaubにきれいに並べ、塩、こしょうで味つけをして
ローリエの葉を入れる
⑥ 具が浸かる位フォンドボー・ブイヨンを入れる。
2007_01060003.jpg


⑦ 中火で25~30分煮込む
⑧ ③のジャガイモを入れる
⑨ 中火で20分煮込む
2007_01060019.jpg

本には4人前とありましたが、6人前はありそうです。

2007_01060020.jpg

staubで作ったからか、具の煮崩れもなく
大きなキャベツもスプーンでさっと切れ軟らかく
とても美味しいです。
1回で食べ切れなかったので、次の日トマトを2Cm角に切って
温めて食べるとさらに美味しく私好みの味となりました。
 
07
 
料理は、魚を釣ったときにくらいしかしない私ですが
今年はただの気まぐれで少し料理をしてみようかと思い
イカバーガー」と「チリメンキャベツのベーコン煮込み」を
作ってみました。これはビストロスマップのレシピにあるもので
いったいどうなることやら・・・
「チリメンキャベツのベーコン煮込み」は別途トピ上げます。

[材料]
イカ(胴) 1パイ
豚の背脂又はラード 30g 今回はラードを使用
海老 5尾
白身魚のすり身 600g すり身を買ってきました。
卵白 1/2個分 すり身に入っていたので、今回未使用
万能ネギ 1/4本
しょうが 1片
塩 大さじ2と1/2
サラダ油 適量
ハンバーガー用のパン 4~6個
バター 少々

→テリヤキソース
しょうゆ 大さじ5
みりん 大さじ4
砂糖 大さじ2/3
酒 大さじ1


[作り方]
①イカを開いて、5mm角に切る。ラードで無く背油の場合、背油も5mm角に切る。
② 海老は殻と背ワタを取り5mm角に切る。
白身魚を買った場合はすり身にする
③ ①と②(海老とすり身)に泡立てた卵白を混ぜる。(今回は卵白を入れてません)
④ ③にみじん切りにした万能ネギとしょうが、塩、こしょう、酒を入れ
混ぜながらよくこねる。
2007_01060004.jpg


⑤ テリヤキソースを作る
鍋にテリヤキソースの材料を入れひと煮立ちさせ弱火で照りがつくまで煮つめる。
2007_01060007.jpg

⑥ ④を100gずつに分け、パンのサイズに丸く平らにのばす。
この時手に水を付けると、すり身が手に付きにくくなりました。
⑦ フライパンでイカバーグを焼きます。
熱したフライパンにサラダ油を入れて熱くなったら⑥を入れる。
中火で焼き色がついたら火を弱めて2~3分ほど焼き、裏もに返し火が通るまで焼く
⑧ パンを半分に切り、フライパンにバーターを少々敷き
パンの表面にかるく焦げ目をつける
2007_01060018.jpg

焼きたてを食べたかったので、今回は一度に焼けるホットプレートを使ってみました。
⑨ ⑧のパンに⑦のイカバーグを乗せ、適量の⑤のテリヤキソースをイカバーグに塗る。
テリヤキソースはかなり薄く塗れば良いと思います。
⑩ ⑨にパンで蓋をして完成!
2007_01060022.jpg


イカバーグ単体で焼いて食べると、さつま揚げそのもの(笑)
でも、「イカバーガー」にしてみると不思議とさつま揚げとは
まったく別物で旨かった~
私が作ったにしては、十分な旨さでした。
イカバーガーは家族3人1個づつでお腹一杯になってしまったので
残りはイカバーグのみ焼いておつまみにして明日食べよう。


イカバーガー」を作る前に、staubで煮込んでいた「チリメンキャベツのベーコン煮込み」
も完成!↓
2007_01060019.jpg

2007_01060020.jpg


 
06
 
写真を撮るときはそれなりに、光の向きも気にしますが
あえて逆光の写真もその被写体の影が強調されて
キレイにみえて好きです。
海が多いですが、少しUPします。

写真は全てクリックすると拡大できます。
2005_11280023_filtered.jpg

2005_11280024_filtered.jpg

2005_12240011_filtered.jpg

↑中央付近の赤い点がどうも気になるのですが
太陽と点を合わせると、アングルが悪くなってしまうし
消すのが難しいみたい。グラデーションフィルターを使うと
多少ごまかせるとか・・・

2005_12240019_filtered.jpg

DSCF2024_filtered.jpg

↑普段気にならないのに、なぜかテレビアンテナがヤケに目立ちます。

DSCF4237_filtered.jpg

DSCF4256_filtered.jpg

2006_01220037_filtered.jpg

↑横浜赤レンガ倉庫付近からの撮影

2006_08110160_filtered.jpg

↑ふなばしアンデルセン公園の風車

空が多いとノイズが目立ってしまうのでノイズ除去のソフトを使用して
変換していますので、多少キレイに見えるでしょか・・・

最近の記事+コメント

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。